ノンカフェインと言いながらも妊娠中や授乳中に飲まない方が良いものもあります。

「ノンカフェイン」と言う前にその茶葉や草に元来含まれている成分や、いわゆる「薬事的な」効果・効能等の影響で、特に妊娠中の方は流産や早産、授乳中の方は母乳が出なくなったりする可能性もあります。あくまで可能性や「・・・と言われている」という話ですが、人それぞれ違う「体質」により、その症状が顕著に現れる・・・と言う事も否定できません。

ノンカフェインでも注意を

すべてのハーブが妊婦にとって良いとは限らない

妊娠中の方については特に注意が必要で、ハーブ類は種類も豊富でブレンド(ミックス)ものも多いですが、例えば、妊娠中の方は、クローブ、マリーゴールド、ユーカリ、ラベンダーなどは避けた方が良いと言われていますし、ペパーミントは妊娠中、授乳中の方の大量摂取は控えた方が良いとか言われています。
逆に体調を整えてくれたり、母乳の出を良くしてくれると言われるようなハーブもあります。

心配してばかりでは何も飲めませんが、気になる事がありましたら、購入前にかかりつけの産婦人科医や販売店でご確認されることをおすすめいたします。